ABOUT

坂本 睦美 Mutsumi Sakamoto

1987 山口県出身 ペン画作家

建築物の織りなす記憶の欠片を画面に落とし込み

新たな情景を構築する。

 

幾多の素材で造られた建築物の並ぶ街は

莫大な物質の集合体であり

そこは無限の情景を内包している。

ひとつ光が差し込むと、

無機質な形態を通した陰影や反射は豊かに連鎖をくり返し

情景は時間の移ろいや季節の匂いを掬いとりつつ

一瞬の煌めきを現しては消えてゆく。